teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


勃起保全のために

 投稿者:  投稿日:2017年 8月20日(日)10時40分12秒
    みかん様
  今回もPSA0.02と良好に推移していますね。さらに、摘出手術の副作用として最も多い「尿失禁」や「排尿障害」も既に治癒されておられるとのこと、見事な成果といえましょう。この勢いで5年の目をクリアして、10年目の完治宣言への展望を大きく切り開きましょう。

 もう一つの深刻な副作用である「勃起不全」について、みかん様は、これまでほとんど記載しませんでしたが、前回の書き込みに『治療後、1年、2年、3年と経過していくうちに、人生にとって性機能が大切であるということが、「わかって」きています』とありました。
 勃起機能は、どんな治療法を取ろうとも、年齢的な条件が大きく作用します。若ければ勃起保全の確立が高く、そうでなければリハビリ効果は期待できないかもしれません。
 でも、みかん様はまだ60代半ばですから、必要と思われるならば、迷わずに主治医と話し合い、バイアグラ等の処方を申しでてみてはいかがでしょうか。保険は適用されませんが、他にも効果的な治療法もあります。

  やまちゃん様
  直腸、肛門に多少違和感があるものの、気にするほどではないとのこと、よかったですね。私も含めてこの時期、線友皆さんかなり「頻尿」や「切迫尿」などに悩まされましたから。
  「精子はほんの少し出たか出ないか」とのことですが、これは線源の影響で精嚢が機能しなくなり、少量の精液しか生産できなくなったためと考えられています。ほとんどの線友が経験しています。
  やまちゃん様の場合は、問題なさそうですが、精液の減少で陰茎が短くなったと感じたり、性行に自信を無くしてしまったりする例が多々報告されています。
 定期検診の都度に、気になる症状を報告するなど、医師と積極的に話し合える関係の構築に努めることをお勧めします。「最善を尽くすこと」は生きがい療法の要ですし、これからさらに線源の影響が出ることもあり得ますので・・・。老婆心ながら。

 
 

手術から明日で2か月

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 8月17日(木)21時27分52秒
  皆様のアドバイスのおかげで無事に手術をしてから明日で2か月となります。1か月目のころは、尿漏れもありましたが、今は特に副作用もありません。手術前と違うのは、やはり小線源療法で放射線が活躍しているのか直腸、肛門に多少違和感があるかな。そんなに気にするほどではありませんが。SEXは最近恐る恐るしました。精子はほんの少し出たか出ないかでした。勃起は全く問題ありません。全摘せずに済んだことを感謝しています。1か月目の検査でPSAか3.6に下がっていました。来月3か月目の検査をしますが、良い結果がでることを期待しています。以上、現状をお知らせいたします。ありがとうございました。  

3年3か月検診

 投稿者:みかん(SSN)  投稿日:2017年 8月17日(木)18時53分21秒
   哲様、皆様、こんばんは。ご無沙汰しております。
今日、検診に行ってきました。今回もPSA0.02でした。
PSA0.02が続いており、良好に経過しているということで、安心して帰ってきました。
全摘手術後は尿漏れに悩みましたが、今では、それもなくなりました。
 いつも検診前は気になりますが、検診後は少しの間、
いつもの生活が戻ってきます。
 次回の検診は、半年後の2月1日になっています。
また、投稿しますので、よろしくお願いします。
 

小線源手術後1か月

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 7月17日(月)13時17分16秒
  パソコンが故障して投稿できませんでした。
昨日、術後1か月経過しての現状を投稿しましたが、何か不具合があり投稿できていないようです。
ここ1週間、急激な尿意に襲われ、失禁、尿漏れが起こります。強い尿意があっても尿は出ずらいです。また、睾丸あたりが締め付けられるような鈍痛を感じます。放射線が活発に活動しているのかと思いますが、少し辛いです。明日1か月検診なので、主治医に聞いてみます。
 

豪雨と猛暑、お見舞い申し上げます。

 投稿者:司福人  投稿日:2017年 7月17日(月)10時07分38秒
   哲様、皆様、ご無沙汰をしておりますが、お変わりありませんか。

 今年は、日本列島全体が、九州から北海道まで豪雨と猛暑で、皆さん、大変な思いをされていらっしゃると思います。
 何よりも被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 私が住んでいる松山では、幸いにして豪雨の被害は無いものの、連日の猛暑で、さすがにグッタリしています。
 体内の水分が足りなかったのか、排便の無い日が3日間も続き、慌てて出勤の際に持って行く麦茶を1㍑から1.5㍑に増やし、職場で必ず飲み切るように努めたりしています。

 やまちゃん様も、ブラキセラピーを受けられてから、今週は1ヵ月検診を迎えられるのでしょうが、最初の頃は、色んな症状が出て不安に駆られたりするものです。
 何か、困ったことなどがありましたら、この掲示板でお尋ねください。

 私は大した手助けはできませんが、哲様を始め諸先輩の方々が、きっと良いアドバイスをくださることと思います。

 

司様ありがとうございます。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 6月25日(日)18時39分32秒
  司様、そのとおりですね。未来を見据えて前向きに生きて行きたいと思います。
前立腺がんも、ある意味人生の中でのいい経験かもしれません。
予期せぬことがこれからも起こると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 

「10年後の自分計画」の勧め

 投稿者:司福人  投稿日:2017年 6月25日(日)17時11分13秒
   山ちゃん様、色んな不安が沸いて来るのでしょうが、既に治療が終わったのですから、これからのご自分の人生をどのように生きるのかについて、お考えになられたらいかがですか。

 私は、かつて、経営の立て直しを行う(株)マツダが全従業員に対して行ったことに倣い、「10年後の自分計画」を立てました。

 10年後に自分がなりたい姿を思い浮かべ、今、自分が何をして行くかを考えるのです。

 その内容は、ここで申し上げれるものではありませんが、私は、その計画を実現するために、毎日、時間を見つけては机に向かっています。

 決して、やまちゃん様に押し付けるものではありませんが、今後、前立腺がんを根治するまでの10年間には、さまざまな事が起こり得ると思います。

 そうした際に、それを乗り越えて行く力とするためにも、何か、ご自分で、生きる目標を見つけられたら良いと思います。
 

哲様ありがとうございます。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 6月25日(日)16時45分28秒
  早速、ご示唆くださりありがとうございます。
手術後の対応はよくわかりました。このような詳しい説明はありませんでした。聞けば、教えてくれたと思いますが、聞きにくいこともあります。2か月後にセックスが可能であり、その際はコンドームを着用するなど、知りたかったけど聞けなかったことです。ありがとうございます。
自分の選択は、良かったと思っています。重粒子線治療については知っていましたが、サイバーナイフ治療については、聞いたことはありましたが、前立腺治療との関係は、きょう初めて聞いたので、私の検討段階で選択肢の中に入っていなかったので気になった次第です。ホルモン療法とセットであれば、今の段階でもサイバーナイフ治療は選択しません。
とても参考になりました。いつもありがとうございます。
 

やまちゃん様にお答えします

 投稿者:  投稿日:2017年 6月25日(日)14時25分45秒
    やまちゃん様にお答えします。
  通常の生活ができますが、長時間の車運転、座りっぱなしの仕事、活発な行動、大股で歩くことなども要注意でしょう。他に意見を求めるよりも、自分の生活の中で、自身の体と相談して判断することが大切です。
  それから、退院時に下記の点について、説明あったと思いますが・・・大切なことなので、念のため。
 ?2か月感は妊婦や子供さんとの長時間の接触(お孫さんをひざに乗せるなど)は控えること。
 ?性交は2か月後から可能です。射精時にはコンドームを使ってください。
 ?退院後シード線源が排出されたら直接手で触らず、スプーンで拾って、病院へ連絡すること。
 ?大腸内視鏡検査や手術を受ける場合には主治医に必ず連絡をすること。
 ?シード線源が体内にあることを記載したカードを携帯すること。海外旅行では、カード携帯がなければ拘束されることもあり。
  ?万が一、1年以内になくなられた場合には、前立腺組織の摘出・保管が義務付けられていること。

追 伸
 「小線源療法を選択しましたが、サイバーナイフとどちらが良かったのかと、今考えてる」とのことですが、ホルモン治療をせずに小線源療法だけを選択したしたのは、やまちゃん様自身です。自分の選択に責任と自信を持たなければ、今後問題が生じるたびに悩むことになりますよ。

 

サイバーナイフ療法について

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 6月25日(日)12時41分45秒
  きょうサイバーナイフで前立腺がんの治療をした知人に話を聞きました。
昨年4月ロボットで全摘手術に臨んだところ、酸素が頭に行かなくなる危険が生じたため、急遽手術を中止したそうです。その後、様々検討していたところ、サイバーナイフが保険適用と知り(68万円が8万円になる)10月にサイバーナイフによる放射線治療を4回したそうです。その後、3か月間薬を飲み、同時に3か月おきにホルモン注射をしているそうです。PSA数値は、0.00?と下がっており9月の診察、血液検査で問題なければ、3か月ごとの経過観察になるそうです。この話を聞き思ったのは、手術はしないで最初からサイバーナイフ療法をすれば良かったのではないかということです。私は、小線源療法を選択しましたが、サイバーナイフとどちらが良かったのかと、今考えています。
ご示唆のほどよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/98