teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございました

 投稿者:菊ちゃん  投稿日:2017年 8月25日(金)08時53分33秒
  哲様
 本当にありがとうございました。7月に前立腺癌と言われてから,図書館から前立腺癌の本を5冊借りてきて読みました。それまで前立腺が体のどの部分にあるかも知りませんでした。読んでいく内に暗い気持ちになり,私の人生はこれで終わりだと覚悟しました。毎日が不安で眠れなくなり,7月はどう過ごしたのかあまり記憶に残っていません。私は健康に人一倍気をつけ,色々なサプリメントを試してみたりしていたので,あのサプリメントが免疫力を低下させたのではないかと後悔する毎日でした。担当医からは全摘手術を勧められ,家族からも全摘手術をすればすっきりするのにといわれたのですが,教師を今後もできるだけ続けたいと思いから小線源治療を考えたわけです。患者の立場になって痛切に思うのは,私の症状ではどこの病院に行けば適切な治療が受けられるのか,それが一番知りたいことです。具体的な病院名を出すと良くないのかなと思いつつも,つい藁にもすがる思いで投稿してしまいました。大変参考になりました。本当にありがとうございました。
 すみませんが,もう一つ教えて頂きたいことがあります。小線源治療を受けた後,すぐ教壇に立っても生徒に影響は出ないのでしょうか。それとも一定の期間休みを取った方が良いのでしょうか。アドバイスをお願いします。
 
 

病院の選択

 投稿者:  投稿日:2017年 8月24日(木)17時58分15秒
    菊ちゃん様、初めまして。

 放射線治療を希望とのことですが、菊ちゃん様の場合、幸いにも放射線治療のうち密封小線源療法(ブラキセラピー)が可能な病期ですし、年齢、お仕事の状況から考えて、この治療がベストと思われます。
 立地条件を含め、手元のデータで判断する限り、長崎大学泌尿器科が菊ちゃん様の第一候補となるものと考えます。当病院では、ブラキセラピーを2005年10月から治療に導入しており、現在までに300名以上の患者がこの治療をうけています。
 他にも久留米市の久留米大学病院、福岡市の九州大学病院の泌尿器科でもブラキセラピーが可能ですから、比較検討してみてください。

 その際、重要なポイントは治療実績、関連する放射線科・麻酔科の体制、患者の声などでしょうが、個人的には、ことさらダビンチを宣伝の前面に出している病院、放射線科との連携がスムーズでないと感じられる病院、看護師に笑みのない病院は敬遠したいですね。

 ホームページ、さらには病院を訪れたりして、これらを確り確認の上、検査受診した医療機関から紹介状と実施した検査データ貰って、外来受診することです。長い付き合いとなりますから、医師との話し合いで、治療を任せうると納得できた場合に、はじめて治療をお願いしてください。

 前立腺癌は他の癌に比べて、とても進行が遅い癌ですから、慌てずに自分の命を預けるにふさわしい病院をじっくり選択されますよう・・・・。
 尚、治療後、長期にわたる定期検診がありますので、通院が難しい病院は候補になりずらいです。
 

参考になりました。

 投稿者:菊ちゃん  投稿日:2017年 8月24日(木)15時08分5秒
  やまちゃん様
ありがとうございます。PSAやグリソンスコアが私とほぼ同じ数値なので,すごく参考になりました。私は長崎県佐世保市に住んでいますので,小線源治療を考えいますが,都会に住んでいる方々に比べて選択肢が多くない気がします。地元の長崎大学か,福岡の九州大学か,どこを選べば,自分に合っている医師に巡り会えるのか悩んでいます。皆様は病院を選ぶときにどのような基準で選ばれたのですか。よろしければ教えていただきたいのですが。お願いします。
 

6月に小線源手術しました。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 8月24日(木)13時33分43秒
  私は65歳です。今年1月にPSA5.6だったのでMRI検査しました。結果がんの疑いが濃厚となり生検しました。結果がんが見つかり、お決まりのコースで検査しました。グリソンスコアは3プラス4=7でした。泌尿器科の先生はロボットによる全摘を勧めましたが、私は、全摘は勃起神経もとってしまうのでSEX不能になることから、できるなら小線源療法でお願いしたいと伝えました。それも可能ということになり、ホルモン療法と小線源療法を併用する提案がなされました。その後、放射線科の医師のところで相談した結果、ホルモン療法をしなくても大丈夫と言われましたので、6月に手術をしました。現在2か月経過しますが、特に副作用で苦しむ状況ではありません。1か月経過前後が少し尿漏れがあったり、陰嚢が氷で冷やしたような痛みを感じ少し辛かったですが、今は何でもありません。2か月経過した現在SEXもできました。ただ、精子はほんの少しで白くはありません。(前立腺が働いていないと思われます)菊ちゃんは、私と同レベルのようですので参考になるかと思います。病院は都内の大学病院ですが、住まいは山梨県です。新宿まで約2時間かけて通院します。1か月検診の後は3か月目に検査をします。次は9月下旬に行きます。入院は、個室ですが3泊4日で費用は、実際に窓口で支払ったのは10万円台で済みました。行動に特に制限はありませんので、今は草刈りのボランティアや趣味のジョギングもしています。  

どこの病院に行けばいいのか

 投稿者:菊ちゃん  投稿日:2017年 8月24日(木)12時07分33秒
  今年7月の定期検診でPSA5.74と言われ,7月に生検をしたところ12本中4本で癌細胞が見つかり,グリソンスコアが7(3+4)でした。その後,骨シンチ検査・CT検査の結果,転移はないことがわかりました。担当医から全摘手術を勧められたのですが,尿失禁がどうしても気になり,放射線療法を希望しています。現在,69歳で私立高校で教師をしています。後1年半は教師を続けたいので,できれば小線源治療ができればと思っています。長崎県佐世保市に在住しています。長崎大学か,腺友ネットによく出てくる滋賀医科大学か,その他の病院か迷っています。アドバイスをお願いします。健康状態は良です。
 

哲様よく理解できました。。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 8月23日(水)12時15分13秒
  シード線源についてわかりやすくご説明いただき安心することができました。
来月下旬に3か月目の検査をします。結果をお知らせいたしますのでまたご教示のほどよろしくお願いいたします。
 

線源の移動について

 投稿者:  投稿日:2017年 8月23日(水)10時16分38秒
   やまちゃん様

 ブラキセラピーは前立腺内に線源を永久留置することを基本としていますが、前立腺からの脱落はよくあることです。私の場合、1月で3個が脱落、1個は肺に刺さっていました。その後数を数える機会もなく今日に至っていますが、前立腺の縮小や他の要因で、何個は血管を通してどこかに移動しているものと思っています。

 しかし、放射線はチタン製のシードに封印されており、このチタンは関節などの人工骨にも使われる体が拒絶反応を起こさない勝れものです。ですから、前立腺内だけでなく、他の臓器に留まっても危険性はないとされています。

 それでも、私自身の問題でしたので、線源脱落が判明した直後に、自分で調べ、主治医にも調べてもらいましたが、その結果、線源移動に伴う医療トラブルは、日米ともに皆無でした。以来、線源移動については気にしていません。
 ましてや、放射線が消失した後の線源は、体のどこに移動しようとも、心配は全くご無用と思います。

 

哲様ありがとうございます。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 8月22日(火)22時12分56秒
  詳しく教えていただき感謝申し上げます。
もう1点だけ教えてください。前立腺に埋め込んだ72本の放射線源は小さくしぼんだ前立腺に残ると思いますが、ずっと移動しないで残っているのでしょうか?
そんなことより再発しないことの方が何より重要ですが。
 

やまちゃん様にお答えします

 投稿者:  投稿日:2017年 8月22日(火)11時41分4秒
   「前立腺が完全に破壊されるという意味」について訊ねですが、前述のとおり前立腺の機能は完全になくなります。最終的には、全摘手術とほぼ同様になるとお考えください。
  また、形状的にも正常な細胞が死滅するにつれて、前立腺も小さくなり、3年から5年で半分くらいに縮小します。これは、線源がいかに正常細胞にゆっくりと作用するかの証しでもあります。
 形状だけでなく、癌が再発した場合に摘出手術が困難なほど、脆くそして他の臓器に癒着するとのことです。
  こうしたことを総じて「前立腺が完全に破壊」と記したのですが、少し刺激的な表現だったとしたら、お詫びしなければなりませんね。

  「放射線の照射の減少に比例して前立腺や精嚢の機能が回復する可能性はほぼ皆無」としたのは、精液減少についての回答です。
 勃起不全症は、放射線が前立腺近くの神経や、勃起を支える血管に影響を与えたことが原因ですから、前立腺や精嚢の機能と直接的関係はありません。ブラキセラピー後、約90%が勃起機能を維持、その内半数ほどが硬度や持久力が落ちたと感じています。これは、前述のようにバイアグラで改善します。
 なので、「治療中の今のほうが性機能があるということか」については、確信をもって心配ご無用とお答えしましょう。

 折角の機会なので、できるだけ簡潔に放射線治療の原理をまとめてみました。上記回答もこの原理を基にしています。
 病巣に放射線を照射した時に期待される効果は、直接効果と間接効果に分かれます。
 直接効果は、放射線が直接的に細胞の分子にエネルギーを与え、細胞を傷害し細胞死に至らせる効果です。この型の細胞死を間期死と呼びます。
 間接効果は、放射線が間接的に他の細胞分子を介してエネルギーを与え、細胞内のDNAを傷害して、細胞の分裂機能を壊失をさせ、増殖を阻止する効果です

 実は、前立腺がんの場合、放射線の効果は間接効果が主体で、放射線による細胞死の75%はこの間接効果によるものと言われています。この細胞死は細胞の分裂時に発生します。
 この細胞死は正常細胞でも癌細胞と同様に起きますが、病巣の中では、癌細胞の増殖スピード(分裂)がきわめて速いため、癌細胞の方が正常細胞よりも死滅する割合がはるかに高いのです。 この効果を利用したのが、前立腺癌に対する放射線治療の原理です。

 より詳しくお知りになりたければ、下記 など専門分野の入門文書をお読みください。自分で調べて納得した知識は、間違いなく何よりも自身の味方になってくれるはずです。
    http://www.jsgs.or.jp/cgi-html/edudb/pdf/20100041.




 

哲様教えてください。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2017年 8月21日(月)15時26分54秒
  前立腺が完全に破壊されるという意味ですが、物体としては残っているけど3年から5年で機能が完全に破壊されてしまうということでしょうか?そう考えると治療中の今のほうが性機能があるということになるのでしょうか?私は65歳なので年齢的にも衰えていく時期ですので、今以上は期待しないように考えなくてはならないとは思います。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。排尿については、時間が経過すれば良くなるということなので安心しました。ありがとうございました。  

レンタル掲示板
/97