teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


6年目検診報告

 投稿者:ひろピー  投稿日:2018年 3月31日(土)18時32分33秒
  哲さん、皆さん、お元気ですか !!
司福人さん、貞坊さん、いちさんお変わりありませんね。
私は気温上昇と忙しさにかまけて油断し、すっかり風邪を引き2週間ほど参ったです。
インフルエンザではなかったのですが、今は9割方治りました。

3月26日に一年振りの6年目検診に行ってビックリ、古い北海道がんセンターが新築工事に入っており、工事用白い壁や警備員がたくさんいました。
同じ場所に建て替えるとの事で3年近くかかるみたいです。

受付、採血、採尿、そして相変わらず待たされ結果は最低値「PSA 0.15」 (前回 0.29)でした。
屎尿器科の先生もニコニコしながらずーと下がってきているね、おしっこはどうと聞きました。
私が先生に、完治ですね~と振ったら (そうだね~)と期待したのですが (笑)
ウ~ン10年、15年見ないとネ、残しているからネー・・・だって!!
米国で10年までの調査結果有るけど15年のは未だ出ていないからとのことでした。

放射線科の先生と再発の定義の話しながら、
精液減少して数値は下がってがんには良い事だけど、勃起もしなくなるんですね~と言ったら、
勃起とは別との事でした。勃起の固い柔らかいはうっ血の程度との事でした。
年齢や血管障害など色々人によって違うみたいだけど・・・
若い看護婦さんが近ずいて来たので・・・その先は聞けませんでした。(笑)

次回は来年の3月25日です。
まぁ~健康診断のつもりで15年迄通おうと思います。(病院のデータ収集にも協力しないと)

今回の風邪で「健康第一」を再認識させられました。
皆さんも十二分に体に気をつけて下さいね。忘られないように又投稿します。


 
 

哲様ありがとうございます。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2018年 2月22日(木)22時26分12秒
  元気が出るご助言をいただきとても嬉しく思います。
精液は術後はほとんど出なくなりました。絶頂感はあるのですが、出ません。
お言葉に勇気をいただきましたので、残り少ない60代を充実させたいと思います。
ありがとうございました。
 

俺もまだまだ男の中の男

 投稿者:  投稿日:2018年 2月22日(木)21時38分28秒
  やまちゃん様、皆様 今晩は

  60代半ばのやまちゃん様にとっては、昨年の6月に手術してから8か月、PSA数値が検診の都度下がり、経過順調なのに、今月に入って突然の勃起不全は、とてもショックだったと思います。

  でも、ブラキセラピーを受けた患者は、術後一年前後で誰もが精液の減少を体験します。これは前立腺の細胞が死滅して、前立腺が以前の半分に縮小してしまうからで、精液が量的にも質的にも変化するのは、やむを得ないものと理解すべきです。
 ただし、統計的には50パーセント以上の線友が、硬度や持続力が落ちながらも、性生活を維持できています。これは摘出手術した患者には考えられないことです。

  精液の変化で勃起不全に陥ったとしたならば、先ずは担当医にバイアグラの処方をお願いしてみるべきでしょう。しかし、バイアグラは陰茎内の流血を増量する薬ですから、性的刺激が伴わなければ、あまり効果はありません。隆起させるための努力とパートナーの協力が必要です。

そして、何よりも肝心なのは、決して諦めないことです。自分を戒めるなどもっての他で、むしろこれまで以上貪欲に「俺もまだまだ男の中の男よ。据え膳ならばいつでも食ってやる」の心境で生活してください。60代ならではの特権です・・・70代の線友から苦情があるかもしれませんが。

  皆様のご意見、体験談などよろしくお願いします。
 

哲様へ

 投稿者:みかん(SSN)  投稿日:2018年 2月22日(木)18時12分59秒
  哲様 いつもありがとうございます。おかげで元気にやっています。  

ショックです。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2018年 2月21日(水)18時19分57秒
  昨年の6月に手術してから8か月経過しました。PSA数値も検診の都度下がっており経過は順調です。生活は手術前とほとんど変わっていません。が、今月に入って勃起不全に突然なってしまいました。挿入してまもなくして萎えてしまい、復活しませんでした。やはり放射線の影響が出て来たのか、その他精神的な問題なのかわかりませんがショックでした。癌が治ってそれだけで満足しなければならないと思いますが、欲深い自分を戒めることが中々できません。ご教示いただければ幸いです。  

前立腺癌の体験を教訓に

 投稿者:  投稿日:2018年 2月21日(水)17時07分32秒
   みかん様、皆様、こんにちは。

 みかん様は、昨年以来、PSA0.02が続いていますね。良好というより、ベストな状態で経過しているので、私まで安心して書き込みが遅れてしまいました。申し訳ありません。
今まで検診前に、その結果をかなり気にされていたようですが、これからはむしろ検診が楽しみになるでしょうね。

 嬉しいことに、線友皆様もそろって順調に推移されています。前立腺癌の体験を教訓にして、他の数値にも気を配りながら、充実した生活を維持し続けて頂きたいと思います。

 私は、日頃の不摂生の反省を込めて、1年半から2年置きに、1週間くらい入院して、健康診断を行ってきました。つい一週間前の糖尿病定期検査の折に、担当医から「もうそろそろでよ」と告げられたところです。
 思い起こすと、15か月前の検診では、
 ・胃に過形成ポリープがあり、生検で悪性は認められなかないものの、癌化頻度が数パーセントあるので、来年は検診が必要
 ・大腸ポリープ5㎜以上5個削除、病理検査の結果、うち1個が悪性と判明し、3㎜程度のホリープが沢山残ったので、こちらも一年後の検診が必須
 ・胸部CT等検査、腹部MRI・エコー検査結果では、以前から要チェックとされていた胆嚢のう胞・腎結石も継続的な検診を要する
とのことでした。
 皆様にアドバイスする前に、「隗より始めよ」の例えに従って、素直に3月中旬に検査入院することに同意しました。この際に、脳神経外科と眼科にも受診するつもりです。

 ところで、依然としてインフルエンザが、猛威を振るっていますね。
 今の所、私は大丈夫ですが、娘がB型、孫がA型に感染して、伏せっています。
 どうぞ皆様、くれぐれもお気をつけください。
 

やまちゃん様へ

 投稿者:みかん(SSN)  投稿日:2018年 2月 1日(木)18時38分57秒
編集済
  やまちゃん様 ありがとうございます。  

良かったですね。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2018年 2月 1日(木)17時13分25秒
  検診の結果PSA数値も安定していて安心ですね。
私は、3月に術後9か月の検診があります。
 

3年9か月検診

 投稿者:みかん(SSN)  投稿日:2018年 2月 1日(木)16時50分46秒
   哲様 皆さま ご無沙汰しております。
 今日、検診に行ってきました。今回の検診で術後14回目でした。今回もまたPSA0.02で、主治医は5年経過すると、検診は1年後になると言ってくれました。安心して帰ってきました。
 昨年 体重を下げました。リバウンドすることなく、現在に至っています。
体重を下げてから、体調がよくなりました。この調子で行きたいと思っています。
 私の住んでいるところは、雪がほとんど降らないところです。でも、今日の南岸低気圧の雨は冷たいです。
次の検診は7月19日です。また投稿します。
 

哲様へ

 投稿者:司福人  投稿日:2018年 1月20日(土)21時56分38秒
   久しぶりに哲様の文章を拝見させていただきました。
 しっかりした文章で、お元気であることが分かり、ホッとしました。

 ところで私は、今日、内科の検査を受け、HbA1cが6.6(前回比+0.3)でした。
 合格ラインである7.0以下であるとは言え、6点台の後半になってしまいました。
 これは、今年の正月、飲み食いに明け暮れていたので、自業自得です。

 今年は6.6からスタートです。
 少しずつ、生活を立て直して行こうと思います。

 今年も、宜しくお願いいたします。
 
 

レンタル掲示板
/97