teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


豪雨お見舞い申し上げます。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2018年 7月16日(月)19時06分20秒
  毎日被災地の皆様の状況をテレビで見ていて、やりきれない思いでいっぱいになります。
そうかといって何もしない自分が情けなくなります。実は株で大損していて現在も含み損がかなりあり金銭的な支援もできない状況です。前立腺がんになったのもこの大きなストレスが大きな原因の一つと思っているくらいです。先月29日に1年目の検診を受けたところ、PSAは0.41に減少しており順調に推移しています。次回は4か月後の検診になります。血液検査で尿酸が7.3と高いので痛風になる可能性があると主治医にいわれました。30日に叙勲祝いに出席し長時間にわたり飲食した結果と炎天下でのボランティア(草刈りなど)活動での疲れが重なったのか今月3日に見事に痛風発作に襲われました。痛くて歩くことも難儀でしたが何とか病院に行き薬を処方してもらい4日ほどで痛みがなくなりました。今はアルコールはなるべく飲まないように気を付けています。すべて結果は自己責任ですので、これまでの生き方を反省しなければならないと考えています。
改めて、豪雨被害にあわれた皆様とこの掲示板の皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
 
 

暑中お見舞い申し上げます。

 投稿者:司福人  投稿日:2018年 7月16日(月)15時44分35秒
   哲様、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 本当に、日本列島全体が、言葉にならないくらい、暑い!ですね。

 先日の西日本豪雨では、私が働かせていただいている会社も、宇和島は何とか難を免れたものの、大洲が完全にやられてしまいました。

 4階建てのマンションの1階に、事務所と倉庫を借りているのですが、天井近くまで氾濫した水が押し寄せ、事務所は入口のガラス扉は破壊され、パソコン等の機器も、顧客情報が書かれた書類等も、全て泥水に浸かってしまいました。
 倉庫は、2ヶ所ある電動シャッターが湾曲し、電源も切れたため、数日後、やっと開けてみると、事務所と同じような有様でした。6台の営業車は、全て水没です。
 ここは、出店に当たり、私が、15年前に物件を見つけた所だけに、何とも辛い思いです。

 大洲地域は「西の京都」と呼ばれ、盆地の中を、県内最長の肱川がゆったりと流れ、丁度今の時期は「鵜飼い」を見に訪れる観光客で賑わう等、普段は美しい町です。
 50年程前には、樫山文枝が主演する「おはなはん」というNHKの朝ドラで全国に紹介された所でもあります。

 幸いにして、従業員は皆無事で、連日、他の拠点からの応援を受けて、この暑い中を、復旧活動を行っています。
 ご利用者の中には、電動ベッドや車いす等が水に浸かったり、流されてしまった方々もいらっしゃるようなので、サービスの提供を怠らないようにするのが何よりも大切で、皆、頑張っています。

 ところで、私は、先月、内科で血糖値等の検査を受け、HbA1cが6.6(前回比▲0.3)でした。他の数値も全てマイナスになる等、ドクターも心なしか優しい口調で、検査結果を説明してくださりました。
 血圧は、10年位前から、毎朝2回目から7回目までの数値の平均を記録していますが、最高125、最低75以下になる日が、月の3分の1程度までになり、安定して来ています。

 私は、災害援助活動を責任者に申し出ても、笑って断られる年寄りになってしまいましたが、その分、自分の健康管理には気を付け、デスクワークで皆に寄与しようと考えています。

 長々と、自分の近況等ばかりを書いてしまいましたが、どうか皆様、お身体に気を付けて、1日1日を大切にお過ごしください。


 

司様ありがとうございます。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2018年 5月20日(日)22時58分31秒
  そのように言っていただけて光栄です。
私は哲様をはじめ皆様からのアドバイスのお陰で今があると感謝の日々です。
術後1年めの検診まで1か月となりました。もう薬も飲む必要がなくなると思います。
今はまた性行為も支障がなくなりまったく問題ありません。率直に嬉しいです。
皆様には今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

哲様、やまちゃん様、ありがとうございます。

 投稿者:司福人  投稿日:2018年 5月20日(日)11時54分11秒
   哲様、なかなか大変なご様子ですね。

 でも、哲様が持っていらっしゃる高度な医学的知識と生来の楽天的な性格で、きっと今の状況を乗り切ってくださると信じております。

 1日も早く「全快!宣言」をお聞きできる日が来るのを、お待ちしております。

 ところで、私は、昨日、内科を受診し、がんセンターでの検査結果を報告しました。

 案の定、Dr.が一番心配していらっしゃったのは血糖値で、来月、検査を受けることになりました。

 今年は、2月頃から、会社でも私生活においても、さまざまな出来事があり、そのプレッシャーから自分の健康管理が疎かになっていました。

 幸いにして、以前のようにチョコレートを口にしなくても、あるいは毎日お酒を飲まなくても、特に違和感を感じることは無くなりましたが、その分、他のお菓子を食べたり、あるいは毎週土曜日に通っていたスポーツジムを休んだりしたのが、ここ最近の検査結果になっているのだと思います。

 Dr.からは「結果次第では薬を変えることも考えましょう。」と、私には「脅し」とも感じられるお言葉をいただいたのですが、自分の健康管理を取り戻す良い機会だと思って、これからの生活を送って行こうと思います。

 私は、上記のような日々を送っていたため、この掲示板を開くのも稀れになり、ひろピー様を始め皆様には失礼だとは思ったのですが、書き込む気力も沸いて来ませんでした。

 その中で、やまちゃん様が、必ずフォローの書き込みを入れてくださっているのには、昔と比べると少し寂しさを感じさせるこの掲示板を守ってくださっていることに、心から感謝していました。

 どうもありがとうございます。

 私も、この掲示板が、前立腺がんと闘う多くの人達に励みを与える役割を担い続けれるように、できる限り、力を尽くして行きたいと思います。


 

哲様の平穏をお祈りいたします。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2018年 5月19日(土)22時38分39秒
  哲様の現状をお聞きし驚くと同時に心配になりました。今は前立腺がんではなく心臓や大腸など様々大変な状態のご様子。哲様にはこれまでにいろいろとアドバイスをいただき本当にありがたく嬉しく思っております。哲様には是非とも快復していただきこれまで通りご教示いただきたいと願っています。ご無事をお祈り申し上げます。  

ご無沙汰申しわけありません

 投稿者:  投稿日:2018年 5月19日(土)12時06分7秒
    ご無沙汰申しわけありません。
  また、私の体調のことで、みかん様はじめ皆様にご心配をおかけしてしまいました。

 先ず、近況報告させて頂きます。
  ペースメーカー埋め込みから4週間、ペースメーカーの点検と心機能の検診を受けてきました。その際に、今後の治療方針が示され、止むを得ぬものと同意しましたが、その内容は次の通りです。
      1 完全房室ブロックで、心房が機能停止した原因の究明と再発防止策
    2 冠動脈に動脈硬化があり心筋梗塞・狭心症のリスクが高いので必要な治療を行う
  来月後半の再入院となりましたが、入院後の検査や治療も病状次第なので、入院期間の目途すら立たないのには、気分が滅入ります。

  現在、入院前の検査を週一くらいの頻度で通院していますが、体調はペースメーカー留置前と比べて確実に安定しています。
 血圧も150~160だったのが120台に落ち着ましたし、空腹時血糖値も180~200から110~140台に下がり、HbA1cも6台後半をキープしています。勿論、脈拍も確実に60回を下回ることはありません。

  それにつけても、一級・一種身障者になったことで、あまりの医療費の減額には支払いの度に申し訳ない気持ちでいっぱいです。特に、先週行ったPET/CT検査は、以前に10万円以上掛かったはずなのに、今回は4千円弱だったことには本当に驚かされました。

  まあ、この齢ですから、人生どう変わっても慌てないように、退職後からの日常生活をそのまま維持しながら、一日一日を大切にしたいと思っています。
 そして、町内会活動・福祉活動の継続、大会・総会・懇親会への参加、毎日の早朝散歩、少しも減らぬ晩酌など、日々のすべてがとても愛おしく感じる今日この頃です。

  司福人様

  6年8カ月検診でPSA 0.040は、線友サイドでは胸を張って完治宣言できる数値ですね。それに、PSA推移表の安定した動向からから見て、これから2以上上がる可能性はほぼゼロです。
 しかしながら、ブラキセラピーの恩恵を受けた仲間として、これから治療を受ける方へのメッセージとして、また治療の実績を今後の治療に役立てるために国のデータベース化に協力する意味からも、定期検診は継続頂きたいと思います。
  HbA1c 6.9で、昨年比-0.4は微妙なレベルですが、「PSAだけでなく、血糖値も安定させて、来年の検査を迎えたいと」との思いには、心より拍手を送ります。
  大腸の内視鏡検査、潜血検査無事終えてよかったですね。病理検査が行われなかったのは、大きさや顔つきから見て、100%良質ポリープと判断されたためでしょうが、折角取ったのだから病理検査に廻してほしいですよね。
  私は、3月に予定していた消化器系の検診を、今月初めにようやく受けることができました。胃,大腸共に数個のポリープがあったものの、いずれも昨年から大きさや形に変化がなかったので、体調と考え合わせ考えて、切除は来年以降にしてもらいました。

  奥様の厳しいチョコレート管理下、健康で快適な生活をお送りください。

  やまちゃん様

  いつも書き込み、ありがとうございます。
  来月で術後1年、順調推移で安心とのこと、先ずはおめでとうございます。一年前のあの不安や心配は一体何だったのかと考えると、感無量のものがあるのではないでしょうか。「勝って兜の・・・」心境で、もうしばらくご自重、こ精進下さい。

 それから、成人検診の件、思い立ったが吉日で、ぜひ実行して頂きたいと思います。癌に打ち勝ってくれた身体ですもの、大切にしてやりたいものです。
 私は、今年検診した2院から共に、頸動脈に狭窄が見られるとの報告を受けましたので、来月入院する前に、脳ドックを予定しています。脳神経科の所見を入院する循環器内科に送ってもらうつもりです。

 寒暖の変化が激しいこの頃、皆様どうぞお気を付けてお過ごしください。
 

検査結果良好で良かったですね。

 投稿者:やまちゃん  投稿日:2018年 5月12日(土)12時05分21秒
  とりあえず安心ですね。相性のいい主治医にはずっと見てもらいたいですね。
哲様は入院されていたのですか。健康を取り戻して欲しいです。
私は、来月で術後1年です。今のところ順調なので安心しています。
前立腺以外の検診は受けていないので今年は胃とか腸とか検査したいと思います。
それではお元気でお過ごしください。
 

6年8カ月検診を終えて

 投稿者:司福人  投稿日:2018年 5月11日(金)23時39分10秒
   哲様、皆様、ご無沙汰をしておりますが、お変わりありませんか。

 哲様は、体調がお悪く、大変な思いをされているご様子ですが、既に退院をされたのでしょうか。
 どうか、くれぐれもご自愛ください。

 さて、私は、本日、6年8カ月検診を受けて来ましたので、報告させていただきます。

1. Dr.に報告した、この1年間の症状

(1)大腸の内視鏡検査
  ① 3月3日に検査を受け、昨年に引き続き横行結腸にポリープが見つかったため、切除してもらった。
    ただ、理由は不明だが、昨年とは異なり、病理検査は行われなかった。
  ② また、直腸障害についても、何も言われなかった。
  ③ 2年続けてポリープが見つかったことについて、院長からは、「遺伝子がある」と言われた。
  ④ 来年以降も、年1回の検査を受けるつもり。

(2)排便時出血
  ① 昨年の12月に、3日振りに排便があった際、少量の出血が見られたが、それ以外は出血は見られなかった。
  ② 昨年の10月に受けた会社の健康診断でも、便潜血検査の結果は陰性だった。

(3)排尿
  ① 日中の排尿回数が10回を超えた時が48回あり、特に9月には13回/日の排尿がある日もあった。
  ② しかし、1年間の日中の排尿回数は8.55回で、就寝後の平均排尿回数は0.35回(3日に1回程度)だった。

2. 検査結果
(1) PSA  0.040で、前回比-0.006だった。
(2) HbA1c 6.9で、昨年比-0.4だった。

  なお、このHbA1cは、がんセンターの昨年の数値よりは改善されているものの、内科で定期的に受けて来た数値よりも悪く、高齢者糖尿病の血糖コントロール目標である7未満ではあるものの、最近は6台後半の数値が定着しているため、今後の対策を考えねばいけないと、反省しています。

3. Dr.との質疑・応答
(1)Q:今後の日常生活において注意すべき点はありますか。
   A:特にはありません。

(2)Q:今回が6年8カ月検診ですが、通常は何年間、検診を続けるのですか。
   A:放射線の場合は10年です。
     PSAの最低値が2以上、上がらなければ大丈夫です。
     今の調子なら止めても良いのですが、どうなさいますか。
   私:ヒマなので、今後もお願いします。

(3)次回は、1年後のH31年5月10日になりました。
   帰り際に、私が「来年はいらっしゃるのですか?」と、少しおどけた調子で尋ねたところ、終始殆ど黙ったままでDr.の傍にいる若い女性の研修医が、吹き出すように笑いました。
   Drも苦笑いをしながら、「さあ、分かりません」とだけおっしゃいました。
   私は、礼をして診察室を出ました。

   このDrとは、もう7年以上のお付き合いになります。
   勤務医の過酷な労働条件は、私なりに理解しているつもりですが、せめて私が通院している間は、がんセンターにいていただければと、願うばかりです。

     今日から、また来年に向けての1日がスタートしました。
   PSAだけでなく、血糖値も安定させて、来年の検査を迎えたいと思っています。


 

哲様へ

 投稿者:みかん(SSN)  投稿日:2018年 4月 2日(月)10時48分1秒
  哲様, 皆様こんにちは
哲様  ペースメーカーを入れられたのですね, お大事にしてください。
 

ペースメーカー埋め込められました

 投稿者:  投稿日:2018年 4月 1日(日)17時10分23秒
    ひろピー様、皆様、今日は。

 ひろピー様
  北海道にようやく、春の訪れが実感できるなかで、風邪で2週間もダウンとは、『鬼の霍乱』を絵にしたような珍事ですね。間もなく、ゴルフシーズンの幕開け、しっかりと完治してください。

 6年目の検診で「PSA 0.15」 (前回 0.29)の記録は、「完治だよねー」と問われれば、私ならば「そだねー」と答えたでしょう。でも、あのブラキセラピー嫌いのDrならば、「10年、15年見ないとネ」というのは当然かもしれません。あながち間違いではないのですから・・・。ともあれ、仰せの通り、健康診断のつもりで15年迄付き合ってあげて下さい。

  皆 様
  2月に、皆様にアドバイスする前に「隗より始めよ」の例え通り、担当医の忠告に従って、3月中旬に検査入院することとし、この際に、脳神経外科と眼科にも受診する旨の宣言をしました。ところが3月初め、血圧の急上昇、極度の徐脈、視界不良等の体調不良に見舞われ、妻の強力な説得で、近所の循環器内科クリニックで受診したところ、専門病院への緊急入院を勧告されてしまいました。

 翌日、紹介された病院へ行くと、既に手術の準備が整っていて、直ちにペースメーカーを埋め込められました。
 担当したDrによると、心房完全ブロックという病気で、心臓が血液を全身に送り出す指令センターの機能が、文字どおり完全に止まっていたそうです。
 このような状態では、心室だけが辛うじてわずかに伸縮するものの、意識を失うなど、生命を脅かす状況となり、ほとんどが救急車で搬送されるそうです。私のように、地下鉄経由で、徒歩で来院した人は初めてだと笑われてしまいました。

  ともあれ、予定通り2週間で退院して、現在は慣らし運転のつもりで、早朝散歩を再開するなど、日常を取り戻しつつあります。
 予定していた検査入院は1カ月遅れで、今月中旬に実施しますが、5月には、心臓内に直接カテーテルを挿入して各心室や心房内から行う検査、造影剤を注入して心臓の構造を確認する検査、あるいは血管を造影することで狭窄や閉塞の有無や形態を確認するため、再入院を約束させられています。

  前立腺がんに特化した掲示板でありながら、私自身の書き込みのほとんどが、主題を外れてしまって、本当に申し訳ありません。ヒトの振り診て、ご自身の健康管理の参考して頂ければありがたいのですが・・・。
  
 

レンタル掲示板
/97