teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


先月の合同誌友会

 投稿者:玉木あきひろ  投稿日:2016年11月19日(土)17時16分36秒
   合掌ありがとうございます。今年10月8日に、生長の家札幌教化部での相愛会白鳩会合同誌友会に参加しました。
 最初は体験談で、始めに、僕の2学年上である姉 篠島瑞恵(厚別区 主婦)が、過去の空知(砂川市)時代からの信仰、活動の体験を発表しました。僕にとってある意味憧憬の存在である姉が発表したので、ドキドキしつつ聞いていましたが、内容的には、それほど小難しい話でもなく、でも中身が濃く、聞きやすかったです。
 次に千歳市の青木すみれさんが、今の福祉関係のお仕事に就かれるまでの時期までさかのぼって今日に至るまでの信仰、活動体験を発表され、さまざまな苦労をされてきたと知り、年下の方ながら頭が下がりました。
 次の、大平収一教化部長の御講話は、教化部長が、生長の家本部青年会役職時代にお世話していた、当時の青少年達の青少年練成会での体験エピソードと、今年になってからの、中学生の娘さんの学校祭でのクラス演劇における演出が、観衆に強くアピールするものがあったという内容の話をされ、とてもすばらしく聞き応えある御講話でした。
 その御講話が終わり、班別座談会があり、僕は、その体験談及び御講話の感想と、今年8月の自分が日常生活で得た体験を語りました。
 今年8月終わり頃、僕は買い物帰り自宅近くの公園沿いを独りで歩いていて、その公園でおよそ10人ほど小学生の男児達が野球遊びをしていて、ボールがフェンスを越えて足元に弾んで転がってきて、僕が拾って返してあげたら最初に走り寄ってきた子が「ありがとうございました」と言い、すかさず他の子達が一斉に「ありがとうございました」と言ってくれた、と語ると、班の方達が、よかったですね、と返答してくれました。自分でもいい内容の談話だったと思います。ちなみに今流行の若手歌手グループ「いきものがかり」のヒット曲『風が吹いている』の歌詞に、「この命よ この一瞬よ 誰かの光になれ」とありますけれど、僕があの時ボールを拾って返してあげた際ありがとうございましたと言ってくれた子達が、僕の人生を照らす光になってくれたように実感しました。それと同時に、僕もこの子達を含め多くの子達の人生の光になるべしと思いました。班の方達はそれを、よかったですねと返答してくださいまして、自分なりにいい談話だったと感じています。
 ただ、時間の関係上それ以上の話はできませんでしたが、僕にとって満足のいく合同誌友会でした。
 その後、教化部長が、ラストの御講話で、練成会の会場準備係のような、裏方に徹した仕事の重要さと必要性を説かれ、僕達のような裏方である立ち位置の人達による働きが如何に大切かを話され、とても嬉しい内容の御講話だと感じました。
 今回の合同誌友会は、体験談、御講話、班別座談会とも、非常に中身の濃い充実した行事でした。行事の準備に携わって下さった方達に感謝しています。また、機会あれば生長の家行事に積極的に参加していこうと思います。
 最後に、これまで多くの災害に遭われた国内の被災地の復興、被災者の方達の御多幸、亡くなられた被災者のご冥福、これまでのいじめ事件で自らの命を絶ってしまっていた多くのいじめ被害の生徒さん達へのご冥福並びに先の横浜市での、いじめで不登校に追いやられた生徒さん(福島県から原発事故で避難してきたそうであります)の心の痛み回復(事件解決も含む)を、心底祈念いたします。ありがとうございました。失礼します。再拝
 
 

前回記事の訂正

 投稿者:玉木あきひろ  投稿日:2016年 6月 8日(水)20時24分6秒
   今年6月1日に、この掲示板に投稿しました、玉木あきひろです。さっそく文章を読み返して、誤りがありました。
 まず、本文の、上から10行目の「僕も今年で46歳ですけど・・・」ですけれども、正確には、「45歳ですけど」の間違いでした。正しい年齢は、45歳です。
 後、後半最後の箇所が、「最後に」を2回繰り返して書いていました。本当は、「最後に、遅ればせながら、先の大分県南部、熊本県の激甚災害(地震)に遭われた方達のご幸福、その震災で亡くなられた方々のご冥福を祈り、大分県、熊本県の被災地の復興を心より祈念いたします。」と言うように、ラストの行にだけ「最後に」と書き出すべきでした。ここに改めて、訂正の報告をいたします。
 また何か生長の家で、いい体験があれば、ご報告しようと思います。では、失礼します。
 

2回連続練成会の参加

 投稿者:玉木あきひろ  投稿日:2016年 6月 1日(水)21時58分25秒
   合掌ありがとうございます。約半年ぶりに書き込みます。
 この4月と5月、2回連続で練成会に参加しました。いずれもとても実りのある練成会でした。
 4月のときは、初日の自己紹介で、最近感動した事と言われました。そこで僕は、今年3月の甲子園の選抜高校野球大会の感動エピソードを話しました。
 その大会に出た滋賀県の滋賀学園高校の二塁手井川翔(いかわ しょう)くんが、目に光アレルギー(光が目に入ると頭痛とアレルギーが起きる)に伴う障害を抱えながら、心の強さとひたむきさで、それこそ耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び、努力に努力を重ね、野球のプレイで、男の心意気を発揮している勇姿に感動したと、発表させていただきました。練成会参加者の方々は、それについて多くを語ってくれませんでしたが、拍手は、してもらえたのでよかったです。
 ちなみに今回の甲子園大会では、滋賀学園は準々決勝の智弁学園戦で負けましたが、その滋賀学園の井川君の勇姿に、それこそ男の心意気を見て、感動したファンは多かったでしょう。自分なりにあの発表はよかったと思います。僕も今年で46歳ですけど、特に、あの滋賀学園の井川君の生き生きとした姿、勇姿には、さすがに涙までは出ませんでしたが、強く感動、魅了されたひとりです。その感動を、できれば最近の思春期&成長期の少年少女さん達にも広めていきたいと思いました。
 そして5月の練成会は、第二日目の土曜日から参加しまして、最終日である3日目に、相愛会ならびに白鳩会総出で教化部花壇の整備&鉢植えを行いました。地球環境問題提起の一環です。(その前日に江別市に縁のある長野亜衣さんが、地球環境問題について、話し方や内容が素晴らしい講話をしてくれました。合間に何人かに質問をふっては答えてもらうという、一種の授業形式で新鮮でなかなかユニークな講話の方法でした。)
 花壇整備、鉢植えは、晴天だったからか先月までの気候より暑く感じながらも、スコップ作業など皆さん方と協力し合えて、とても充実したと感じられました。これで教化部周辺の植物による光合成を通しての自然環境改善ができたことでしょう。
 これでこの春は、選抜高校野球で体のハンディを克服しながら懸命な努力と男の心意気で、野球のプレイを実践した滋賀学園の井川翔君と、練成会で若い使命感で、地球環境問題提起を、講話の中で呼びかけてくれた青年会の長野亜衣さんというように、多くの若者に感動をいただけました。どうもありがとうございましたと言う気持ちです。
 最後に、この掲示板を利用させてくださいました、管理人の藤岡さん、どうもありがとうございました。皆様方のご健勝、ご幸福を心よりお祈りいたします。
 最後に、遅ればせながら、先の大分県南部、熊本県の激甚災害(地震)に遭われた方達のご幸福、その震災で亡くなられた方々のご冥福を祈り、大分県、熊本県の被災地の復興を心より祈念いたします。では、失礼します。
再拝
 

(無題)

 投稿者:玉木あきひろ  投稿日:2015年11月20日(金)19時47分27秒
   昨日投稿いたしました、玉木あきひろです。さっそく文章を読み返してみて、2箇所誤字がありました。
 まず、上から10行目の、「ちなみにもうひとつ付け加えると、・・・」から始まる文章ですけれども、「父は最期の赴任先の・・・」の、「最期」と入力してしまいましたが、正確には「最後の」と入力変換するべきでした。
 また、上から17行目の、「特に、その発表を・・・」から始まる文章で、「強化部長」と入力してしまいましたが、正確には「教化部長」と入力変換するべきでした。
 文字入力に誤字がありまして、大変失礼いたしました。どうもすみませんでした。ここに改めて、訂正の報告をさせていただきます。
 また何か生長の家などで、喜びの体験がありましたら、ご報告させていただきます。
皆様方の御健勝、御多幸を心よりお祈りいたします。
 では、失礼します。ありがとうございました。
 

練成会で発表しました

 投稿者:玉木あきひろ  投稿日:2015年11月19日(木)22時39分34秒
   合掌ありがとうございます。初めてこの掲示板に書き込みます。今月も練成会(札幌)に、フル日程参加しました。先月は、オール平日だったので不参加でしたが、今回、「父母を語る」(土曜日)で、父の現職の高校教師時代について語りました。
 僕が中学時代サッカー部でレギュラーを外されたとき、父が、高校野球の甲子園大会で優勝したPL学園にまつわるエピソードでしたが、PL学園が優勝したとき(昭和58年)、桑田が1年生ですごいうまいピッチャーだったから、3年生のピッチャーが外されたけど、その3年生ピッチャーが一生懸命腐らずに、それこそ耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び、猛暑の中打撃投手まで進んでやっていたので、それを見ていた中村順司監督が、真っ先にそれを称えていたという事を話してくれて、それを聞き、自分も卒業までサッカー部をやり遂げようと決意できた、だから父に感謝している、と話しました。ちなみにその話に出たPL学園の3年生ピッチャー(藤本耕投手)は、あの夏最後の決勝戦で桑田をリリーフして勝利し、そして卒業後日本生命本社で、今はもう管理職らしいそうですけど、懸命に努力すれば成功すると教えられ、だから思春期の多感な時期の僕にそれを話してくれた父に感謝していると、僕は発表しました。
 ちなみにもうひとつ付け加えると、父は最期の赴任先の美唄南高校(平成10年頃)で、ある不登校寸前の女子生徒さんに、その、PL学園優勝のとき(桑田が1年生のとき)の、その話に出た3年生ピッチャー(藤本耕投手)の、1年生桑田の影にありながら、努力と男の心意気を忘れず最後の決勝でリリーフ登板して勝利したエピソードを語り、その女子生徒さんを感動させ、不登校にならせずに立ち直らせ、みんなと共に卒業を完了させたそうでして、その事も発表させていただきました。それこそ桑田より10歳以上年下の子ですよ。
 今まで母については、よく生長の家講師活動について何度か話させていただいてきましたが、父について話したのは、今回が初めてだったはずです。それだけにさすが男の子、という意味もあってか皆様方の賛嘆拍手を多くいただき、自分としても光栄でした。
 特に、その発表を大平収一強化部長に真っ先に賛嘆された事は光栄でした。
 また、先祖供養では、我々を支え続けていてくれていたご先祖様を、心をこめて供養し、祈りあいの神想観では、様々な諸事情を抱えて来られた方の事を真剣に祈らせていただき、有意義な練成でした。多くの皆様方に感謝しています。
 今まで多く練成会に参加してきましたが、従来以上に、自分なりに成功できたと思える練成会でした。
 最後に、この掲示板を利用させてくださいました管理人の藤岡さん、どうもありがとうございました。皆様方の御多幸、御健勝を心よりお祈り申し上げます。また、これまで多くの災害に遭われた国内の被災地の復興、先のフランスのテロで犠牲になった方達へのご冥福をお祈りします。僕も微力ながら、皆様方と共に、光明化活動、中高生の心の教育活動などに励んでいきたいです。では、これで失礼します。再拝
 

素晴らしかった相・白合同壮年の誌友会

 投稿者:ふじおか  投稿日:2015年10月19日(月)22時34分56秒
編集済
  10月17日に相・白の合同誌友会が五十名以上の参加者で開催されました。

三月に開催された前回同様今回も素晴らしい誌友会になりました。

最初の体験談では白鳩会の方が娘さんへの教育の中でのさまざまな葛藤からそれを乗り越えていこうとされていかれる想いを語られました。

教化部長の講話では、幸福とは人と比較をしない。
主観的なものである。

神の子自覚を得る事が一番の幸福(生長の家ってどんな教え259ページ)の話をされました。

その後で6つのグループに分かれて20分、そして45分の全体座談会がありました。

座談会の冒頭で各グループの進行役の方から以下のような質問をして各参加者の想いを語って頂くという形で行われました。

あなたが一番幸福だと感じるのはどんな時でしょうか。  またその理由もお聞かせ下さい。です。

私はその中の5班の進行役をさせて頂きましたが一人一人の方のさまざまな幸福感を拝聴致しました。

家庭菜園をしているとまるで子育てをしているようだというところに幸福感を感じる相愛会の方

友人に今日のこの誌友会に誘ってもらった事が幸福ですとお話された白鳩会の方

長いブランクから仕事を得てその仕事を終えて夜神想感をしている時とお話された白鳩会の方

ゴルフをしたり犬の散歩をしている時と答えされた男性の方

今仕事をしているという悦びに幸福感を想う白鳩会の方

ちなみに私は仕事を終えて夜晩酌でビールを飲んでいる時に幸福を感じます。 と話ました。

教化部長もおっしゃっていましたが、男性は瞬間的な事 女性はもっとふわっとした全体的な観点から幸福感を持たれるようです。

二時間半の誌友会でしたがあっという間に終わった感じです。

参加された方全員が本当の幸福とは何かという私達の人生においてもっとも大切なテーマについて心を開いて語り合えた素晴らしい誌友会でした。


 

相白合同誌友会

 投稿者:ふじおか  投稿日:2015年 8月15日(土)20時53分9秒
  いつでも幸福を感じる人生を過ごすために

10月17日(土曜日)13時から15時30分 札幌教化部会館で開催されます。

講話 体験談 座談会と盛沢山のプログラムを計画中です。

心を開いて自分の想いを話せて参加して良かったを思ってもらえる誌友会を期待しております。
 

第7回 全国幹部研鑽会

 投稿者:ふじおか  投稿日:2015年 4月29日(水)07時55分42秒
  昨日  第7回 生長の家相愛会・栄える会合同 全国幹部研鑽会がメイン会場を飛田給の本部錬成道場  サブ会場を  札幌 宮城県 愛知県 大阪 岡山県 愛媛県 福岡県  沖縄県で開催されました。

私はサブ会場の札幌教化部で参加しました。

食が結ぶ人・地域・自然

「結び合う」生き方を進め、地域・社会に貢献しよう

インターネット中継を通して総裁先生の講話を拝聴しました。

飽食の時代にあって私達の周りには抱負な料理を楽しめる環境にあるように感じますがその一方で多くの人達が飢餓に苦しんでいること。

自分の環境だけでなく世界文明の推移を通してこれからの人生をいかにすれば心を豊かに過ごせるのかを考えました。
 

桜の開花

 投稿者:ふじおか  投稿日:2015年 4月25日(土)10時32分58秒
  札幌にも春が訪れ桜も開花しました。
ゴールデンウィーク中に開花しなかった年もあったのと比べると今年は早いです。

例年開催しています円山公園の花見会は5月4日 10時に予定しています。

天候に恵まれて穏やかに開催できますよう期待しております。
 

素晴らしかった相・白合同壮年の誌友会

 投稿者:ふじおか  投稿日:2015年 3月21日(土)07時38分29秒
  3月7日に四十九名の方が参加して相・白合同壮年の誌友会が開催されました。

テーマは「素晴らしい自分に気づいていますか?」です。
大平教化部長から「新版 幸福を招く365章」をテキストにして講話をして頂きました。
先生はご自身の体験も含めてその瞬間を本気で生きる事の大切さをお話しされました。

その後は五つのグループに分かれて座談会をしました。
自分をどう思うか。   好きな所、劣等感も含めて自由に参加された方が語り合いました。

苦境を乗り越え起こった出来事を自然に受け止め自分に誇りを持って生活していらっしゃる方のお話に感動しました。

女性の繊細な視点からの想いのお話は私も含めた男性の参加された方達にはとても勉強になった事でしょう。

お互い心を開いて参加された方全員で真理への想いを語り合えた素晴らしい誌友会であったと思います。

今後もこの誌友会が継続されさらに多くの方々が参加され益々盛会に開催されます様期待しております。
 

レンタル掲示板
/117