teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


こっつんさんへ

 投稿者:みなみ  投稿日:2011年 1月 3日(月)07時04分49秒
  書き込み、ありがとうございます。
家庭の事情によりサポーター活動をお休みしていたので、返信が遅れて申し訳ありません。

新チャントの提案をありがとうございます。
アンテの事を考えていただける方がいるというのは、本当にうれしいです。

[塩尻魂]、いい詞ですね。
キックオフ直前とか、キックオフ直後の試合導入に使うと効果が大きそうです。
熱く、集中して、気分良く試合に入って行くのは、選手はもちろんサポーターも重要ですからね。

[it.s a GOAL]はコーナーキックとか、PAエリア付近のフリーキックの場面で使うと良さそうですね。チャントで盛り上げた結果、ゴールが決まるというのはサポ冥利につきますからね。しかもスタジアムも一気に盛り上がるし。

[GK 三栗]チャントを考えるあたり、さすが山雅サポさんですね。元山雅戦士ですもんね。

いいアイデアをありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
 
 

新チャントを書いてみる

 投稿者:こっつん  投稿日:2010年 8月13日(金)13時52分12秒
  どうも、山雅サポです。
と同時にアンテロープファンでもあります。
町は隣同士ですし。

新チャントの件ですが、このあいだちょっと考えてみました。
曲もありますが、ここではわからないので、詞だけのせておきます。

[塩尻魂] オリジナル曲

オーオ 俺たちはアンテロープと共に
さぁ塩尻魂見せてやろうぜ!

どんな相手でも けしてあきらめない
最後まで 走れ!
ゴール目指して!

[it.s a GOAL] 原曲:THE BLUE HEARTS スピード

ゴール! ゴール! ゴール! ゴール!
ゴール! ゴール!
ネットに突き刺さる!!

[GK 三栗]
三栗寛士 三栗寛士
三栗はアンテの守護神!

使っても使わなくてもおkです。
 

【観戦記】社会人選手権5回戦 vs上田ジェンシャン 11:00 松本

 投稿者:みなみ  投稿日:2007年 5月 4日(金)09時41分45秒
  4回戦で信州大学医学部にPK戦の末に辛勝したアンテロープ塩尻。
5回戦は北信越リーグ1部の上田ジェンシャンとの対戦です。

 ○第43回全国社会人大会長野県大会
 ○5回戦(準々決勝)vs上田ジェンシャン
 ○11:00キックオフ
 ○松本平広域公園球技場(長野県松本市大字今井)

リーグ戦の戦績では0勝1分3敗の上田ジェンシャンに対し、2勝2分0敗のアンテロープ塩尻。
勢いではアンテロープにやや分があるかというところ。

試合会場の松本平広域公園球技場は快晴。
予想気温が20度を上回り、今日も暑くなりそうです。

試合は40分の前後半形式でキックオフ。

[スタメン]
FW中谷(11)
FW野田(17)
MF中島(20)
MF萩野(14)
MF島村(10)
MF桑原(8)
DF伊藤(16)
FW森田(9)
DF濱(5)
DF中村(23)
GK川尻(1)

アンテロープはルーキーのFW野田を先発起用。
野田は公式戦デビューは第2節で90分に交代出場。ほんの数分ということもあり持ち味発揮に期待がかかります。
またGKは信大医学部戦でPKで2点を阻止した川尻が先発。闘志あふれるプレーに期待。

試合はアンテロープ塩尻が支配し、ほとんどの時間を敵陣でプレーします。
怒涛の攻撃を続けるアンテロープに対し、上田ジェンシャンはDF陣が集中力を維持。
アンテロープがやや持ち過ぎの感もあり、なかなかシュートで終れません。

先取点は13分、上田ジェンシャンでした。
中盤でボールを受けた選手が豪快にミドルシュートを放ち、ゴールネット横に突き刺さる見事な得点でした。

しかしアンテロープはこれで浮き足立つこともなく、ゲームを支配。
ピンチのシーンもGK川尻のファインセーブ連発で得点を阻止し、上田ジェンシャンの追加点を許しません。

その後も試合を圧倒的優位に進めるにも関わらず得点できないまま前半を終了します。
ワンチャンスを確実に決めた上田ジェンシャンに対し、敵陣でのプレーが70%以上を締めたにも関わらず無得点のアンテロープ。
後半開始早々から前半のようなプレーで上田ジェンシャンを圧倒すれば、必ず勝てるはず。

[交代]
FW野田OUT→FW西澤(24)IN
FW中島OUT→MF上原(18)IN

ところが後半開始早々から上田ジェンシャンペース。
前半と後半ではお互いが逆転し、まったく別のチームになってしまいました。
そして2分。ゴール前15メートルほどの位置でFKを得た上田ジェンシャン。これを芦田が見事に決めて追加点を奪います。
さらには16分。またしても上田ジェンシャンに豪快なミドルシュートを決められ、これで0-3に。
残り24分で3点を奪わなくてはならない展開となります。

この3失点でようやくアンテロープが息を吹き返します。
西澤が左サイドを突破しセンタリング。更には西澤へ裏へのパスが通ったりと、決定的なシーンが増えます。

しかしこのチャンスをものにできないままタイムアップ。
0-3で上田ジェンシャンが完勝し、準決勝へ駒を進めたのでした。

やはり1部で戦っているチームは巧いですね。
前半の課題をしっかり修正して後半を戦ってます。
そしてアンテロープとの違いは一人一人の集中力の高さと維持、ミスの少なさ、得点への貪欲さですね。

強いチームと戦う時にいつも感じるのは、試合前の練習とハーフタイムの練習に対する意識の高さです。
昨日も上田ジェンシャンと、第二試合の長野パルセイロの練習を見てて、明らかにアンテロープよりも上だと感じました。
組織的なまとまり、試合前のパス練習の正確さ、シュート練習の決定率の高さ、スタメンの練習雰囲気。
それらの全てが試合中と同じ意識で行われています。笑顔があったとしてもいい緊張感のある笑顔であって、決して気の緩みはありません。
そしてハーフタイムの練習も同様。「試合に出して欲しいからアピールする」「交代で入ったらすぐ戦える準備をする」という意識が伝わってくるのです。

少なくとも前半の試合に限っては北信越1部のレベルに勝っていました。
実力的には1部に負けない戦いができていると思います。
昨日の3点差は、技術の差というよりも意識の差ではなかったか。
そしてその意識の差は普段の練習から始まっていると思うのです。

さぁ、気持ちを切り替えてリーグ戦に集中です。
まずは練習。練習で出来ない事は試合では出来ないから。
さぁ練習練習。

【昨日の収穫】

1.ルーキー野田
 スピード,ドリブル,献身的な守備といい選手だね。まるで鹿島(新潟へレンタル中)の深井くんみたい。
 大きさ的にも深井くんと同じかな。

2.闘将川尻
 川尻のプレーからは熱いものを感じるんですよね。
 GKとしては恵まれた体型とは言えないんだけど、それを補う以上の闘志で得点を阻止する。
 気持ちが伝わってくる選手です。
 

ANTELOPE LET'S GO!!

 投稿者:みなみ  投稿日:2007年 4月30日(月)08時22分22秒
  後半残り10分を切り、0-1でリードされたまま。
得点できなければ負けです。
そしてロスタイムに突入。(掲示は3分だっけ?)

ここで選択したチャントが「ANTELOPE LET'S GO!!」。
選手を鼓舞し、勢いをつけて押しまくる為のチャント。

そしてその応援に応えてくれた選手たち。
何度もチャンスを作ります。

そして歓喜の瞬間が訪れます。
左サイドの裏狙いのパスに、2列目から抜け出た高橋が追いつきます。やや角度のない位置ながらもキーパーが届かない絶妙な位置を狙って左足を振りぬきゴールを決めます。
ロスタイムで同点に追いつきます。

さらに押せ押せで「ANTELOPE LET'S GO!!」。
選手も最後まで諦めずに走り続けたけどタイムアップ。
1-1の同点で勝ち点を分け合いました。

サポーターレスの大原学園に対して、最後まで共に戦ったアンテロープ塩尻。
そして状況によってチョイスしている応援にプレーで応えてくれる選手達。
アンテロープ塩尻、最高だよ。

大地、バナナ4本分(4得点)は次のリーグ戦で爆発してくれ!
うっしー、GW中に弾幕を作るからプレーで応えてくれ!
ニシ、迷うな。打て打て!
淳司、得点したら必ずサポーターにアピールしてくれるよね。最高だよ!
あき、献身的な守備でよく守ってくれた。
桑原、もっともっと。
萩野、次は勝利の雄たけびを一緒にあげよう。
森田、熱い魂はオレ達にも届いているよ。次も共に戦おう。
濱、復帰した姿を見れて嬉しいよ。
佑太、ここまでの失点はすべてセットプレーで崩されてないんだよ。献身的な守備をありがとう。
福岡、失点は全部セットプレー。気持ちを切り替えよう。
上原、疲労が溜まってるのかな?焦るな、とにかく休養して体をリフレッシュ。

ANTELOPE LET'S GO!!
 

第1節 vs丸岡フェニックス 1-0で勝利!

 投稿者:みなみ  投稿日:2007年 4月14日(土)09時29分23秒
  2007年、開幕戦は福井でのアウェイスタートとなりました。
昨シーズン、アウェイで1勝もできなかったアンテロープにとって、このアウェイ開幕戦をどう戦うか、そして何よりも勝つことが大事な1戦となります。

会場のテクノポート福井に着いたのは11時45分。
第一試合のサウルコス福井vsCUPS新潟戦の前半途中で、スコアは3-0でした。
両チームの印象はしっかり準備して臨んだ福井に対して、準備が整わないまま開幕を迎えたC新潟という感じ。
後半にも1点追加した福井が4-0と、ホーム開幕戦を勝利で飾りました。

スタジアムに到着してまず気付いたのが応援位置。
福井サポが陣取っていたのはバックのホーム側。なぜかゴール裏じゃなかった。
んで、念のために運営委員の方に応援位置と弾幕を貼れる位置を確認しました。
弾幕はピッチサイドのフェンス&北信越リーグ弾幕を隠すのはNGで、それ以外ならOKとのこと。
びっくりしたのは応援位置で「どこでもいい。」とのこと。
風向きがメイン→バックだったんで、声の通りを考えるとメインも考えたんだけど、仲間に相談した結果「やっぱゴール裏だよね。」ってことで、ゴール裏に陣取りました。
ただし、ピッチとの距離が微妙にあるんで中段通路下ね。

で、第一試合や試合開始前の時に気になったんだけどスタジアムDJがいまいちだった。
あと、試合開始前のBGMがマンボってのはどうよ? オレ的にはあり得ない選曲なんだけど。

まずは選手入場。
ホームのフェニックス丸岡の1stユニが臙脂色なので、アンテロープは2ndユニの白を着用。
ところで、今シーズンからユニが変わったアンテロープ。
1stユニは昨年と同じで赤が基調なんだけど、2ndユニが紺から白に変わりました。オレ的には紺より白が好み。俄然、かっこいい。

丸岡は特にサポーターらしき姿が見られず、声や鳴り物での応援はなし。
なので、ほとんどアンテロープのホーム状態で応援できました。

試合(前半)開始!
丸岡は中盤省略で前線へのロングボールを多用。なんだか面白くないサッカー。
ところが「相手チームに合わせてしまう」というアンテロープの悪い癖が出て、ボールが落ち着かず、なかなか形が作れないんだよね。何やってんだか。
そんなこんなで前半を0-0で終了。

後半開始!
前半の問題がうまく修正され、10分頃からアンテロープペースになりました。
前列を追い越す動きで相手のマークをずらし、サイドから攻撃を仕掛ける。
そして後半18分。
西澤のアシストボールを受けた淳司がシュートを決めて先制点を決めました。
一直線にゴール裏に向かって走り、ガッツポーズする淳司。
その姿に淳司コールでこたえます。淳司、最高だよ。
これで完全にアンテロープのペースとなり、何度も決定的な形を作ります。
しかし、相手GKとの1対1や、フリーでのシュートを外し、追加点を奪えません。
残り時間11分でFW中谷OUTでMF桑原IN。これはFWの枚数を減らして守備固めでしょう。
ロスタイム掲示は4分。相手の攻撃をことごとく跳ね返しタイムアップ。
1-0で勝利を決めました。

試合終了後、勝利のお約束。アトムでを楽しんだ後、チームコールで応援を締め括りました。

まぁ、相手のミスにも助けられたけど勝ちは勝ち。昨年1勝もできなかったアウェイでようやく勝ったしね。
この勝ち点3は点数以上に大きくて、次に繋がるね。

でも手放しでは喜べないし、さらに気持ちを引き締めていかないとダメ。
決定的なシーンを作られたり、決定的なシーンを外したのは問題で、これからの試合では確実に命取りになるもんね。

サウルコスの戦い方は既に観戦済み。
しっかり対策して2連勝しよう。
 

アンテロープ塩尻と共に

 投稿者:みなみ  投稿日:2006年12月31日(日)11時57分6秒
  2006年。
1年で1部復帰を目標に戦って来たけど、リーグ戦は5位,天皇杯は準決勝敗退という情けない結果に終わってしまいました。

選手もスタッフもサポーターも全てがまだまだ足りない。
「俺なりに頑張った」なんて、今年やった程度で満足してちゃ絶対にダメ。もっともっと強い意志で上を目指さなきゃ。

わかってる? 危機感、感じてる? 夢を追いかけてる?
来シーズンの北信越2部は凄まじい激戦区だよ。
楽しいだけのサッカーじゃ絶対に上に行けないどころか県リーグ降格の恐れだってあるんだから。

熱い選手がいる。でも温い選手もいる。意識の低いスタッフもいる。だからこそみんなでもう一度出発しなおそうよ。
迷い・甘え・弱さ。そういうもの全て捨てて、全員で戦う集団になろう。獲物を狙う獣のように全身全霊、勝利を目指して戦おうよ。

アンテロープ塩尻はプロじゃない。でも、賛助会員や企業から金銭的に支えてもらってること、本当に有り難い事だって感謝してる?
サッカーが出来る幸せを本当に感じている?

きつい事言ってゴメン。でも結果が全て。
今シーズンの結果を真摯に受け止め、そして2007年を最高の年にしましょう。

最後に、共に戦った選手,サポーター、みんなありがとう。
そして新しくアンテロープ塩尻の仲間になってくれる選手やサポーターのみんな、よろしくです。

Dreams Come True
夢はきっと叶う。同じ夢をみようよ!
 

レセプション!

 投稿者:佐藤 寛之メール  投稿日:2006年 3月25日(土)16時59分33秒
  昨夜は激励会に参加しました。会場入りしてすぐ、サッカー談義に突入~お酒片手にアンテの選手、監督とも話しが出来てとても楽しい~一夜でした。途中サポーター紹介にみなみさんの次に挨拶しました。急に呼ばれたので緊張しまくりでした。開幕が待ち遠しい~  

長丁場の移動に久しぶりの勝利

 投稿者:佐藤 寛之メール  投稿日:2006年 3月 5日(日)20時00分27秒
  今日の対日精樹脂工業戦、私は自宅を朝4時に出発して会場には8時37分到着。試合開始から私と、島村選手のお父さん、途中からみなみさんも合流して3本のマッチを見守ってチームは、久しぶりの勝利でした。あの後私は、松島FC対穂高西中の練習試合を少しだけ見て、自宅へ徒歩で帰宅しました…。ご心配だったかも!?しれませんが、無事に自宅へ辿り着きました…今年10月で28歳になる私ですが『俺歩く事好きやな~』とつぶやく程でしたが、ゆっくり休みたいと思います。  

試合速報

 投稿者:みなみ  投稿日:2006年 3月 5日(日)13時28分45秒
  1本目1ー0
2本目3ー0
3本目0ー0
合計4ー0
得点者は西澤、島村、牛丸、小倉です。
 

開幕が待ち遠しいですね

 投稿者:みなみ  投稿日:2006年 3月 5日(日)08時58分44秒
  一足先にJリーグが開幕し、いよいよ待ちに待ったシーズンが始まったなあ~と感じますね。
佐藤さん、長野の会場視察、お疲れ様でした。
ところが、どうやら開幕は違う場所になりそうです。噂だとアルウィンって話が!?
開幕がアルウィンなら嬉しいですね。
今日は日精樹脂戦です。同じリーグを戦う相手という事で、アンテの調整具合の確認にもなるし楽しみですよねー。
 

レンタル掲示板
/15