teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


雌鉾岳「四月の風」

 投稿者:kinosita  投稿日:2017年 6月12日(月)21時13分11秒 i114-191-140-254.s41.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  6月5日に雌鉾岳「四月の風」ルートを登りました。いつかは登りたいと思っていたルートでしたが、期待以上の素晴らしいクライミングでした。  
 

日向神クライミング

 投稿者:kinosita  投稿日:2017年 6月 6日(火)21時19分9秒 i114-191-140-254.s41.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  6月4日に日向神道端エリアで、九産大山岳部との合同クライミングを行いました。
一年生は初のリードクライミングで、墜落しても果敢に挑戦していました。
 

三郡山コンパストレーニング

 投稿者:kinosita  投稿日:2017年 6月 6日(火)21時03分5秒 i114-191-140-254.s41.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  6月3日に三郡山東側の斜面にて一年生のコンパストレーニングを行いまいした。
第1班はコンパスで方位を確認しながら茜登山口から白糸の時を経て主稜線へ。第2班は東側斜面をコンパスを頼りに樹林帯登り主稜線へ抜け、1班と合流し全員で山頂を目指し、一般登山道を下山しました。総行動時間は5時間05分でした。
 

新歓合宿終了

 投稿者:久留米大学山岳部  投稿日:2017年 5月13日(土)10時13分48秒 i114-191-140-254.s41.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  5/,7で九千部山周辺で新歓合宿を行いました。今年は7名の参加者を迎え、初日は城山~九千部山往復、2日目は四阿屋クライミングを行いました。  

日向神峡正面壁FYKルート

 投稿者:久留米大学山岳部  投稿日:2017年 5月13日(土)10時06分49秒 i114-191-140-254.s41.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  5/17
今から約20年前に相棒が数十メートル墜落して敗退した日向神峡は田川ルートへ。リボルトされており、エイドピッチもフリー化。完璧なスタイルにはほど遠いものの、取りあえず完登。
 

日向神正面壁FYKルート

 投稿者:kinosita  投稿日:2017年 3月29日(水)17時11分48秒 i114-188-55-251.s41.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  3月13日に、去年開かれたばかりの、正面壁FYKルートに行ってきました。壁の弱点を巧みに突いた5.10+A0,10ピッチの素晴らしいルートで、ほぼ満足するスタイルで登ることができました。(とは言え7時間近くかかりましたが。)  

宮崎、ダキ山αルンゼ、雄鉾岳左稜線

 投稿者:kinosita  投稿日:2017年 3月 8日(水)08時35分33秒 i125-202-24-132.s41.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  2月15~16日で宮崎県はダキ山αルンゼ、雄鉾岳左稜線に行ってきました。氷は薄く、スクリューがほとんど決まらず、岩は寒く体が動かずといった感じでしたが、久々に質の高いクライミングを楽しみました。  

冬山合宿

 投稿者:久留米大学山岳部  投稿日:2017年 1月11日(水)14時04分3秒 sp49-104-51-211.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  年末に現役2名が南アルプスは甲斐駒ヶ岳を目指し、色々とトラブルはあったものの、登頂を果たし無事下山しました。色々とご協力頂いた皆様ありがとうございました。これを糧に更なるステップアップを図って欲しいものです。  

秋季活動内容

 投稿者:久留米大学山岳部  投稿日:2016年11月 6日(日)18時31分29秒 sp49-106-209-69.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  夏山も終わってようやく再起動を始めました。
10/15広島県三倉山クライミング(写真)
10/日向神峡花立岩マルチピッチ、道端エリア
11/05久住山系星生山付近の無名の岩稜登攀(写真)
 

夏山合宿報告書

 投稿者:kinosita  投稿日:2016年10月 9日(日)17時29分25秒 110-54-9-88.ppp.bbiq.jp
返信・引用
   現役2名(3年生2名)が北岳バットレスを墜として帰ってきました。
天候が安定せず、およそ一週間もの間、停滞や偵察、二股でのボルダーでのトレーニングを繰り返したそのこと。粘りに粘った末につかんだ成果は、今後の自信に繋がってゆくと信じたいものです。
 詳細な報告書が出来ておりますので、まだ読まれてない方はご連絡ください。
 

レンタル掲示板
/45